1%金利が変わるだけで・・・

レイクは、銀行や信販会社と比較してお金の借りやすいと言われているけど、金利は、残念ながら比べると高いです。

レイクは、銀行や信販会社と比較してお金の借りやす

月曜日, 4月 8, 2013 | 2:23 pm

レイクは、銀行や信販会社と比較してお金の借りやすいと言われているけど、金利は、残念ながら比べると高いです。

それは、担保や保証人が必要ない事から融資する上でそのリスクを踏まえた分金利が高くなっているのです。

レイクの金利は、9.0%~18.0%となっています。

他の消費者金融と比較して見ると下限値は、若干高く、上限値は、変わりません。ただ、延滞や滞納した場合には、20%の金利が加算されてしまいます。

金利面だけを見ると高い感じがしますが、延滞や滞納なく真面目に返済を続けたり市場の情勢によって金利が低くなる事もあります。

また、更に限度額の引き上げを申し込んだり、一度解約した後、再契約を行うと前回の取引内容が良かった場合には、優遇されて金利が低く設定されることもあるので、真面目に返済することを心掛けて出来るだけ延滞や滞納しないように気を付けて取引していきましょう。

金利に対して掛かる利息の計算方法は、レイクのホームページに掲載されているので、計画的に利用するためにも現在の金利の確認と利息の計算方法は、覚えておきましょう。

ただ、金利だけ見ても数%の違いがどれほどの違いや影響があるか?ピンと来ない人も多いでしょう。

分かりやすく言うと、10万円の収入があるとして毎月3%引かれると3000円になり、4%だと4000円になります。これを1年で計算すると3%では、36000円、4%では、48000円となり、1%変わるだけで1カ月1000円、1年で12000円も変わるため如何に利息も抑えるために金利が低い方が良い事を理解されたと思います。

これが2年、3年以上と続くとより差額は大きくなります。
ですので、返済は、全額一括払いするほうが一番良いのですが、分割で返済するにしても出来るだけ多めに支払いを行い、早く返す事で利息が低くなり返済総額も低くなるので、支払いが楽になります。

なお、延滞や滞納をした場合、20%の金利が加算されるので、気を付けましょう。

—smamot.com | no comments
(posted in 1%金利が変わるだけで・・・)

<